永久脱毛はどんな仕組みで脱毛するの?

永久脱毛はここ最近で格段の進歩を遂げています。以前はニードル脱毛と言って、一つ一つの毛穴に細い針を突き刺して電流を流して毛が生える大元の細胞を死滅させ、永久脱毛する仕組みの方法が取られていました。しかしこれは針を刺すことからも分かる通り、痛みが強く、また施術者によって効果のばらつきが多い、一つ一つに毛穴に対して処置をするため膨大な時間がかかる、さらに料金が高額であるといった問題点がありました。かわって最近普及したのが、レーザー脱毛です。

これは黒い色に反応する特殊な光を当てて、毛が生えないようにする仕組みで、一回の照射で数センチ四方を処理でき、また肌への侵襲が少ないためダメージや副反応もほぼありません。毛が生える大元の細胞を毛乳頭といい、日本人の毛はメラニンという黒い色素を持つので、黒い色にのみ反応して熱を出すレーザーで死滅させる仕組みなのが、レーザー脱毛です。痛みは、輪ゴムで軽く弾く程度ですが、氷で冷やしたり麻酔クリームを使うことで痛みなく処置することもできます。注意点としては、肌が日焼けしすぎている人は痛みが強かったり、火傷のリスクが高いため照射できないことです。

また、皮膚に生えている毛は全体の2割程度なので、毛の生え変わる周期にそって数回照射をする必要があります。約1年半から2年かけて、徐々に感覚をあけながら6回程度照射するのが一般的で、初めは低い出力から初めて徐々に出力を上げ、細い毛も永久脱毛することが可能です。名古屋のVIO脱毛のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*