産毛にも効果がある永久脱毛

永久脱毛は、クリニックなど病院で行われているレーザーを使用した脱毛のことを指しています。レーザーの光は、成長期に当たる毛に対して作用するものであり、人間の体に生えている毛の生えるサイクルは全て一緒ではないことから時期を開けて何度か施術を受けて全ての毛に作用させることが必要です。レーザーの光を肌に当てることによって肌の奥にある毛の生える組織を破壊させ、毛が作られなくなるために永久脱毛が完了するという仕組みになっていますが、黒い色に反応してしまうために施術を受ける前にはしっかりと除毛しておくことが大切です。剃り残しがあった場合には光が肌表面の毛に反応して皮膚がやけどをしてしまう恐れもあります。

また、毛根を残しておかないと光が作用しないために脱毛での処理をして施術に挑んでも意味がありません。エステサロンや脱毛サロンでも似たような肌に光を当てるという脱毛が行われており、長期的に繰り返すことによって同様の効果は期待ができますが、医療機関ではないので永久脱毛という言葉を使用することができません。レーザー同様に黒い色に反応する光が使用されていますが、産毛のように色が薄い毛に対しては反応が悪く、何度施術を行っても産毛が抜けていかないというトラブルも多いものです。男性のヒゲのような太くて根深い毛を始めとして産毛まであらゆる毛質もしっかりと脱毛したいのであれば、医療機関で受けるレーザー脱毛が向いています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*